意外?! 夜更かしする人ほど「知能指数(IQ)」が高い傾向にあるらしい!

 

どちらかというと、

早寝早起きをする人のほうが、しっかりしていて賢い人で、

逆に、夜更かしをする人の方が、不摂生で仕事ができない人といったイメージが強いですよね。
 
 

しかし、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの研究者が知能指数と睡眠の関係について調査を行った結果、
 

「知能指数(IQ)が高い人ほど夜遅くまで起きており、

夜中に活発に活動する傾向にある」

 
というのです!

 
 
同大学で研究を行っている日本人研究者のカナザワ・サトシ博士によると、

「人間の祖先はもともと昼間に活動していた。それが生活様式の変化により、夜の活動へと移行しているものと考えられる」

と、説明しています。

 

スポンサーリンク


 

また、

オバマ大統領をはじめとした、数々の成功者には夜型人間が多く、

スペインのマドリード大学の調べによると、
 

「夜型人間の方が所得も高い」といった研究結果も報告されているそうです。

 
 

ほかにも、モーツァルトなどといった、優れた芸術家にも夜型人間が多く、

ミラノのサクロ・クオーレ・カトリック大学は、
 

「夜型の人間は問題に直面したときに、

独創的な解決方法を編み出す傾向にある」という研究結果を発表しています。
 
 

しかし、時間を自由に使える人なら朝働くも夜働くもある程度自分で裁量できますが、

残念ながら一般業種の方や学生さんはそうはいきませんよね!

 
試験なども午前中に行われることが多いので、

「夜型人間はIQが高い傾向がある」と言われているにもかかわらず、

本番で実力が発揮できずに終わってしまったりしてしまうことも多いのではないでしょうか!?
 
 

ちなみに夜型人間は遺伝子レベルで決まっていると言われており、
 

大昔、人間がまだ野生動物の襲撃に怯えながら暮らしていた頃には、

夜中仲間が寝ている時に起きて見張り役をする者が必要でした。

 
このような縁の下の力持ちが現代の夜型人間のご先祖様かもしれません!
 

スポンサーリンク


 
そしてもちろん夜型の生活は良いことばかりではなく、

夜遅くまで起きている人は、

感情面が不安定になったり摂食障害におちいりやすい傾向にあったりもするので、注意が必要です!

健康, 知識

Posted by mg