知ってた?!※「笑う」だけで信じられないほどの健康効果がある!

 

「笑うことが健康につながる」

という話は、どこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。

 
 

たしかに、笑うと気分がすっきりするし、ストレス発散になりそうですよね!
 

精神面や心の健康には、

「笑い」の力は絶大であることはなんとなく想像がつきますが、

 

 
じつは身体のほうにも、この「笑い」というものが、

ものすごい健康効果を発揮してくれることが証明されています!

 

スポンサーリンク


 

私たちの体には、リンパ球の一種である、

 
「NK(ナチュラルキラー)細胞」

 
というものが存在し、

がん細胞や体内に侵入するウイルスなど、

 

体に悪影響を及ぼす物質を退治してくれる働きをもっています。

 
 

人間の体内にはこのNK細胞が50億個もあり、

その働きが活発だとがんや感染症にかかりにくくなると言われています。

 
 

私たちが、悲しみやストレスなどマイナスの情報を受け取ると、

NK細胞の働きが鈍くなり、

免疫力がどんどん低下していってしまい病気になってしまうのですが、

 

「笑う」ことによって、免疫のコントロール機能をつかさどっている間脳に興奮が伝わり、

情報伝達物質の神経ペプチドが活発に生産されます。

 

“笑い”が発端となって作られた”善玉”の神経ペプチドは、血液やリンパ液を通じて体中に流れ出し、

NK細胞の表面に付着し、NK細胞を活性化します。

 

その結果、

がん細胞やウイルスなどの病気のもとを次々と攻撃するので、免疫力が高まるというわけです。

 
 

そして”笑い”には免疫システム全体のバランスを整える効果があることも明らかとなりました。

 
つまり大いに笑えば、がんやウイルスに対する抵抗力が高まり、

同時に免疫異常の改善にも繋がるのです。

 

スポンサーリンク


 

それだけではなく、

笑いは「脳」にも良い影響を与えてくれます。

 
 

笑うと、脳内ホルモンであるエンドルフィンが分泌されて、幸福感をもたらしてくれるだけでなく、

 
笑うことによって、

脳内の「海馬」という、新しいことを学習するときに働く器官の容量が増え、

記憶力がアップすることがわかっています。

 
 
また、”笑い”によって脳波のなかでもアルファ波が増えて脳がリラックスするほか、

 
意志や理性をつかさどる大脳新皮質に流れる血液量が増加するため、

脳の働きが活発になるのです。
 

 

また、思いきり笑ったときの呼吸は、深呼吸や腹式呼吸と同じような状態なので、

体内に酸素がたくさん取り込まれるため、

 
血行が促進されて、新陳代謝も活発になります。

 

そして、笑うと副交感神経が優位になるので、交感神経とのスイッチが頻繁に切り替わることになり、

自律神経のバランスが整います。
 
 

楽しいことがあって笑うだけでこれほどたくさんの健康効果があるなんて、

まさに一石何鳥も得られた気分ですね!

 

スポンサーリンク


 

意識して笑うのは難しいかもしれませんが、

何げない日常にもいっぱい「笑い」を取り入れて、
 

どんどん健康を増進させていきましょう!

健康, 知識

Posted by mg