美容効果がすごい!万能ワセリンおすすめの使い方!【プチプラ】

ここ数年「プチプラスキンケア」が注目を集めています。

値段が安い上に、美容効果も高いということで、プチプラ美容グッズを購入する人が増えています。

 

「ワセリン」とは?肌に塗っても大丈夫?

ワセリンは石油を原料に作られています。

「えっ?石油!?」と困惑する方もいると思いますが、

石油はそもそも自然素材であり、ワセリンは石油の不純物を取り除き精製したものなので、肌につけても問題ありません。

 
ワセリンには種類が複数ありますが、種類によって精製度が違います。

ドラッグストアなどで低価格で手軽に購入でき、美容でよく使われている「ヴァセリン」は「黄色ワセリン」にあたりますが、ワセリンの中では1番精製度が低く、不純物の含有量が多いのが特徴です。

精製度が低いからといって危険というわけではありませんが、

・敏感肌の人
・アトピー肌の人
・赤ちゃん

などは刺激が強く感じてしまう場合もあるため、注意が必要です。

そういった方は、「白色ワセリン」の使用をお勧めします。

 
「白色ワセリン」は「黄色ワセリン」よりさらに精製度が高く、販売区分は「医薬品」とされています(「日本薬局方」と表記されているもの)。

値段も黄色ワセリンより少し高めになります。

皮膚科など、病院でも医療用として処方されているものなので、より安全性を重視する方や、敏感肌の方などは白色ワセリンを使うと良いでしょう。

 
ワセリンは肌に優しい上、保湿力がとても高く、水分蒸発を防ぐことでお肌を乾燥から守り、潤いを保ってくれます。

乾燥しがちな冬には特におすすめです。

色々な使い方ができるので、一つ持っていればとても便利な強力美容アイテムとなります。

スポンサーリンク


 

ワセリンを使ったオススメの美容法

ワセリンを使ったオススメの美容法をご紹介します。

(※お肌に合わない方、使ってみておかしいと感じた場合は使用をやめ、心配な方は病院で相談してみるようにしましょう。)

 

顔に塗る

洗顔後、化粧水や美容液などの普段のスキンケアをした後、最後にワセリンを塗って蓋をします。

こうすることで、お肌の水分を閉じ込めておくことができます。

ワセリンを手のひらでしっかりと温めて伸ばしてから、顔全体に押すようにして塗るのがコツです。

つけすぎると油っぽくなってしまうので、量を少なく薄めに塗るようにしましょう。

 
 

ヘアケアに

髪の毛先など傷んでいる部分や、髪の乾燥が気になる部分のケアにもオススメです。

髪を洗った後、タオルドライをし半乾きの状態で適量を塗り、ドライヤーで乾かします。
ツヤツヤでしっとりとした綺麗な髪になりますよ。

毛先の傷んだ部分にだけ塗ったり、髪の毛のつや出しに使うのもオススメです。

 
 

リップクリーム、ハンドクリームに

乾燥した冬に、リップクリームやハンドクリームとして使用するのもオススメです。

唇が乾燥防止、また唇の端が切れてしまった時などに、リップクリームの代わりに使用すると良いでしょう。

また保湿力そして水を弾く力も強いので、食器洗いやお風呂掃除など家事をする前などに塗っておくと手荒れが防げるので大変オススメです。

 
 

メイク落としに

ワセリンはメイク落としに使うこともできます。

適量を手のひらでしっかりと温めて柔らかくしてから、メイクと馴染ませて落としましょう。

後は、コットンや濡れタオルなど柔らかい素材でワセリンを拭き取り、最後に普通に洗顔をします。

お化粧中や化粧直しに、まぶたについてしまったマスカラを、綿棒にワセリンをつけて落とす、という使い方もできますよ。

 
 

毛穴の角栓・黒ずみに

1. 蒸しタオルで毛穴を開かせます。

2. 気になる部分にワセリンを塗り5分〜10分放置します。

3. 指で優しく撫でるようにくるくると回し、コットンなどで拭き取るか、洗い流します。

これを定期的に行うと良いでしょう。

 
 

まつげ美容液として

ワセリンを手で温めた後、指につけ、目をつぶってまつげに塗ります。寝る前に行うのがオススメです。

まつげがしっかりと保湿・保護され、ピンと張った元気なまつ毛にしてくれます。

 
またこの他にも、

●爪のケア
●かかとのケア
●マッサージ

に使うのもオススメです。

スポンサーリンク