※「 雨天時 」の体調不良の原因と対策!

 
天気が悪いと憂鬱な気分になるだけでなく、

 
雨が降る前や、雨の日にはなぜか妙に頭が痛くなったり、

なんとなく身体がだるくなったり、眠くなったりしますよね。

 
 

これは気分だけの問題ではなく、

気温気圧、また、湿度の変化は私たちの身体に著しく影響を与えます。

 
実際、

天気が悪い時は、頭痛や体調不良を起こす人が多く、

日本人の約6割が気圧低下で体調の変化を実感しているとのこと。

 
 

いったいなぜ、雨が降ると頭痛や体調不良や眠気が起こるのでしょうか?

 

 

体調がすぐれなくなる原因

雨の日にだるくて眠くなる仕組みには、低気圧が大きく関係しています。

 
 

人間の耳の中の「内耳」という部分には、気圧の変化を感知するセンサーがあり、

そこで低気圧になったことを感じ取ると、副交感神経が優位になって、

 

いわゆる「お休みモード」になります。

 
 

低気圧は比較的、空気が薄い状態なので、

「今は活動する時ではない」と、身体が判断してしまうんですね。

空気中の酸素が減り、普段の状態よりも酸欠状態になっていたんです。

 

そうなると当然、身体はだるくなってきたり、眠くなってくるのですが、

酸素が十分でないと脳の機能が低下し、眠気やだるさだけでなく、頭痛をも引き起こします。

だから人によっては、片頭痛になったり、体調が悪くなったりしてしまうのです。

 

 

雨天時の体調不良の対策法は?

次に対処法ですが、
 

このような状態になった時には、

できる限りとにかくリラックスして、身体を休ませてあげることです。
 
 

また、神経過敏になっていたりするので、光や音もできるだけシャットアウトしたほうが良いかと思われます。

光や音などの刺激は脳の活動に影響を与え、血管の拡張に繋がるので、

さらなる頭痛の悪化の原因になり得ます。

 

片頭痛の場合は、こめかみや首筋に冷たいタオルや氷のうを当て、血管を収縮させると痛みが和らぐことが多いです。

低気圧頭痛が生じている部分は、血管が拡張して周囲にある神経を刺激しているのです。

 

また、コーヒー紅茶を摂ると楽になることもあります。(摂り過ぎは禁物!)

コーヒーには、血管収縮作用があり、低気圧の影響によって拡張した血管を抑える効果を期待できます。

 
 

そして、雨の日(低気圧の日)は空気が薄い状態の日です。

だから必然的に身体の中の酸素濃度が薄くなっているので、

 
意識して酸素を取り込むために、

「深呼吸」をすると良いでしょう。
 
 

結局、雨の日は本当は、家でおとなしくしているのが一番ですが、

学校や仕事があるのでなかなかそうはいかないですよね。
 

どうしても活動しなければならないようなときは、

ウォーキングやストレッチなどの軽い有酸素運動をすることで酸素を取り込むと同時に、

『交感神経』のスイッチを入れ、眠気を吹き飛ばし活動的になりましょう。
 

とくに、

首、背中、太もも

 
この3つの筋肉を伸ばしたり動かすことで、眠気がスッキリしてきます。

体を軽く動かすことによって、脳が「起きてる!」と感じ、

頭がスッキリしてくるのです。

 

 

このように、実は低気圧が私たちの体に及ぼす影響はとても大きいんです。

 
雨天時に調子が出ないのは、

ただなんとなく体調が悪い気がする・・・ではなく、

きちんとした理由があっての事ですので、

 
出来るだけ無理をせず、身体をいたわってあげて下さいね!

健康

Posted by mg