優しい「お砂糖」のスクラブがお肌にとても良い!【シュガースクラブの作り方】

 

お肌の弱い人には、「お砂糖」のスクラブが良いんです!

ちょっと意外ですよね!
 

「スクラブ」というと、どちらかというと「塩」のイメージがあるのではないでしょうか?

 
 

実際、塩で作られた「ソルトスクラブ」は、肌の角質を落とすときに効果を発揮しますが、

粒子が角ばっていたり、溶けるのが遅かったりします。
 

また、塩のスクラブは砂糖に比べて結晶が粗いので、若干刺激が強いんですよね。

 
傷があるところに使用してしまったりなんかすると、とんでもなく痛いんです!

 

スポンサーリンク


 

そこで、肌が刺激に弱い人や、潤いを求めている人にオススメなのが「お砂糖」なのです!

 
 
砂糖は水に溶けやすく、塩スクラブよりも粒子が細かくなるという特徴があるので、

 
塩よりもなめらかで皮膚に対する刺激が少ないんです。

 
 

実際、砂糖は、

床ずれや重症なケガの患部に直塗りする治療がある薬効があるぐらい低刺激なので、

アトピーに悩む方や、肌の弱い赤ちゃんにも、安心して使用することができます。
 

赤ちゃんの掻き傷を軽減させるスキンケアとしての有効性が、

日本小児看護学会で発表されたほどだというから驚きですね!

 
 

さらに、

砂糖には高い浸透力と水分を吸湿する作用があるため、

スクラブとして活用することで、お肌をしっとりと柔らかく保つことができ、

乾燥に負けないスベスベのお肌になります。
 

また、砂糖の結晶が古くなった角質を剥がしてくれるので、お肌がツルツルになり、

ニキビを治したりするのにもシュガースクラブは効果的なんです。

 
 

そして、この「シュガースクラブ」ですが、

実はものすごく簡単に作れちゃうんです!

 

スポンサーリンク


 

作り方は、
 

砂糖(3):オリーブオイル(4)の割合で、よく混ぜ合わせるだけ!
 
 

これを、お肌のザラつきや、硬さが気になる部分をよく濡らして、

その部分にスクラブを塗り、クルクルと優しくマッサージします。

 
肌になじませていくうちに、柔らかくペースト状になるので、頭皮なんかにも使うことができます!

 
後はサッと洗い流しタオルで水分を拭き取ります。

 
 

ちなみに、

お砂糖は、上白糖ブラウンシュガーを使うのがポイントで、

固形よりさらさらしているもののほうが良いみたいです。

 
 

手に入りやすい材料で簡単に作ることが出来て、お肌にとっても優しく美容効果も抜群なので、

 
良かったらぜひ一度試してみて下さいね!

 

スポンサーリンク