肌の「シミ」の原因は紫外線だけじゃなく「ストレス」が原因かも?

肌の「シミ」はなぜ出来る?

顔だけでなく、あらゆる場所に突如として現れる「シミ」ですが、

 

そもそも、この「シミ」というものは、皮膚内で作られるメラニンという色素が沈着したもので、

メラニンが過剰に生成されることによって発生するものです。

 
 

多くのシミは、日光性黒子、老人性色素班と呼ばれ、

「紫外線」が原因で出来るものですので、

 

顔はもちろん、手や背中、腕などの、肌が露出する部位に目立って出来ることが多いようです。

 
 

紫外線を浴びると、皮膚のもっとも外側にある「表皮」の一番下の基底層にある、

色素細胞「メラノサイト」が活性化されます。

 

このメラノサイトの数が増え、さらには肌表面の角質層が厚くなって、

ターンオーバーが妨げられることによってシミが出来ていくのです。

 

ですから、「シミ」が出来ないようにするには、

「日焼け」「紫外線」対策をするのが一般的ではないでしょうか?

 

しかし、「シミ」が出来てしまう原因は、紫外線だけではないかもしれません!

 

スポンサーリンク


 

例えば、過剰な「ストレス」が原因で、シミが出来てしまうこともあります。

 

まず、ストレスを感じると、自律神経のバランスが乱れますが、

このことによって「メラニン色素」を作るよう、脳が命令してしまう場合があり、

 

メラニン色素が作られる量より排出される量が少ないと、肌にシミができてしまうのです!

 
 

また、食生活が乱れていたり、偏った食の好みがある人や、

寝不足、睡眠不足の人も、シミができやすいといいます。

 

 

シミを予防するには

シミを予防するには、良質なたんぱく質ビタミンが欠かせません。

食生活が乱れ、栄養バランスのとれた食事が取れなくなってしまうと、シミの発生に対抗できなくなってしまいます。

 
 

そして、睡眠不足によって成長ホルモンのバランスが崩れて肌の老化を早めてしまうだけでなく、

肌の新陳代謝が遅くなり、メラニンが蓄積されてしまうのです。

 
 

さらに、「喫煙」「過度の飲酒」の習慣がある方も、

シミの悪化を助長するので、生活習慣を見直した方が良いかもしれません!

 
 

一度できてしまったシミも、あきらめないで正しいケアをすれば、薄く目立たなくすることもできるので、

 

まずはストレスの少ない健康的な生活習慣を身に着けることが、美肌への一番の近道かもしれませんね!

 

スポンサーリンク