『プラグイン』って一体何?【DTM用語事典】

DTMを始めた時に色んな場面で、

「プラグイン」

という言葉をしょっちゅう耳にすると思います。

当たり前のように出てくるこの言葉ですが、

「プラグインってそもそも何なの?」という方に、プラグインについてご説明したいと思います。

 

スポンサーリンク


 

プラグインとは?

DTMでいう「プラグイン(Plug-in)」とは主に、DAW(音楽楽曲製作ソフトウェア)に、

・エフェクト
・インストゥルメント(楽器)機能
(ソフト音源)

といった機能を追加するためのソフトウェアのことを言います。

DAWにも元々エフェクトやソフト音源が付属していますが(これらは「付属プラグイン」と呼ばれています)、

それだけでは足りないと感じた時に、
欲しいエフェクトや楽器の音源を、購入または無料でダウンロードしたりして、DAWに追加し使用することができます。

これらは「追加プラグイン」と呼ばれたりもしています。

リバーブのプラグインを追加すると、リバーブのエフェクトをかけることができ、
ピアノのプラグインを追加すれば、そのピアノの音を鳴らせるようになります。

「プラグイン」という言葉はよく、
「プラグインを追加する」とか「おすすめプラグインは?」という形で目にすると思いますが、

ざっくりというと、DTMにおいてプラグインとは、

DAWで使用できる(後から追加の)「エフェクト&ソフト音源」

のことを指しているんだ、と思ってもらえれば良いかと思います。

ここで、「エフェクト」と「ソフト音源」についても軽く説明したいと思います。

 

エフェクトとは

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

●WAVES Platinum 【限定タイムセール】
価格:19440円(税込、送料無料) (2019/8/17時点)

楽天で購入

 

 

エフェクトとは、音にいろんな効果をつけたり、音を加工したりものです。

エフェクトには様々なものがありますが、代表的なものに、
・コンプレッサー
・イコライザー(EQ)
・ディストーション
・リバーブ
・ディレイ
・コーラス

などがあります。

エフェクトは、DTMに限らず、スタジオレコーディングやライブにおいても必要不可欠な機能です。

 

ソフト音源(ソフトウェア音源)とは

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

●Native Instruments KOMPLETE 12
価格:72400円(税込、送料無料) (2019/8/17時点)

楽天で購入

 

 

ソフト音源とは簡単に言うと、パソコン内にインストールして使用する音源のことで、

・アコースティックピアノ、電子ピアノ、オルガン
・アコースティックギター、エレキギター
・ベース
・シンセサイザー
・アコースティックドラム、電子ドラム
・ストリングス、オーケストラ、ブラス
・民族楽器
・ボーカル音源(VOCALOID)

といった、様々な生楽器や電子楽器の音をDAW上で鳴らし、楽曲制作やレコーディングに使用できます。

よく「打ち込み」という言葉を聞く機会があると思いますが、それの「音」の部分です。

ギターやドラムといった実際の楽器を演奏できなくても、PC内にソフト音源があり、(MIDIの)打ち込みができれば、作曲や制作が可能となります。

「ソフトシンセ」という言葉もよく聞くと思いますが、それもまたパソコンにインストールして使用するシンセサイザーの事です。

スポンサーリンク


 

プラグイン購入前に要チェック!プラグインには規格がある!

プラグインには規格というものがあります。

主に、
・VST(Windows/Mac)
・AudioUnits(Mac)
・AAX(Windows/Mac)

の3種類が存在していますが、

DAWによって使用出来る規格が違うため、「自分が使用しているDAWがどのプラグイン規格に対応しているのか」をあらかじめチェックしておく必要があります。

CubaseではCubaseで使えるプラグイン、LogicではLogicで使えるプラグインを入れる必要があります。

規格が合わなければ、せっかく製品を購入してもDAW上で使用することができません。

そのような事態を避けるためにも、事前にしっかりと確認しておきましょう。

 

DAW プラグイン規格
CUBASE VST
Logic
GarageBand
AudioUnit(AU)
ProTools Avid Audio eXtension(AAX)
Studio One VST, AudioUnits
live VST
AudioUnits
SONAR  VST
Reaper VST

 

(VSTの場合は、エフェクト用プラグインをVST、インストゥルメント用(ソフト音源)をVSTインストゥルメントまたはVSTiと呼ぶこともあります。)

例えば、AudioUnit(AU)にしか対応していないDAWに、VSTのプラグインを追加しても使うことができません。(厳密にいえば使用する方法もあるようですが、今回は割愛。)

そして、Windows版のVSTプラグインを、Macにインストールすることはできないし、逆にMac版のVSTプラグインをWindowsにインストールすることはできません。

市販のVSTプラグインではほとんど、Windows版とMac版の両方が用意されていますが、

無料ダウンロードのVSTプラグインなんかは、Windows版しかないものもあるので注意が必要です。

また、64bit版のDAWを使っている場合は64bit版のプラグインを、32bit版のDAWを使っている場合は32bit版のプラグインを使うことが原則となります。

 

結局プラグインって必要なの?

最後に、そもそもDAWに付属のプラグインがあるのに、追加のプラグインは本当に必要なのか?ということですが、

必要とする機能(エフェクト・ソフト音源)がDAWに無い場合には、やはり購入する必要があるでしょう。

また有料のプラグインは、付属プラグインと比較して音質や機能の面で優れていることが多いです。
中には、数千万円もするグランドピアノの音を実際に録音してサンプリング(デジタルデータに変換)したというピアノ音源も販売されています。

DTMを極めていき、こだわりが出てくると、やはり追加のプラグインも欲しくなってくると思います。

とはいえ、プラグインは決して安いとはいえないものも多くあり、手当たり次第に買うわけにもいきません。

まずはDAWに付属のプラグインを使いこなし、機能などを知り尽くした上で、
「やっぱりこれだけで足りないな」と感じた時に、足りないと感じたエフェクトや音源を導入する、

というのがベターだと思います。

プラグイン購入の前には、自分のやりたい音楽やそのために必要とする機能をしっかりと把握しておくことが重要です。

 

スポンサーリンク


DTM, 音楽

Posted by mg