【知識】「オレンジジュース」の効果と過剰摂取の危険性!

オレンジジュースは栄養たっぷりでとても健康に良いということはよく知られていますが、

具体的にはどのような効果があるのでしょうか。

そして、過剰摂取の危険性などについても簡単にまとめてみたいと思います。

 

スポンサーリンク


 

オレンジジュースには、ビタミンCクエン酸がとても多く含まれています。

美肌効果や抗酸化作用による老化防止などの美容効果だけでなく、

ストレス緩和作用、免疫力を高める効果、疲労回復効果など、

身体の機能に良い影響をたくさん与えてくれます。

 
 

そのほか、

わりと有名なビタミンC、クエン酸のほかにも、

「ヘスペリジン」という物質が含まれており、

ヘスペリジンには血管を拡張し、血流をよくする働きがあるので、

肩こりや冷え症などの解消、体質改善にも期待ができます。

 
 

そして最近の研究では、オレンジジュースの抗酸化作用免疫力向上によって細胞が元気になり、

ガンなどの病気の予防にも繋がることが明らかになっているそうです。

 

スポンサーリンク


 

しかし、いくら美容や健康に良いといっても、飲みすぎると危険もあります。

柑橘系の果物は紫外線への感受性を高めて、人の皮膚細胞を傷つけやすくする成分を含んでいるらしいです。

 

どういうことかというと、

オレンジやグレープフルーツなどの柑橘系のフルーツには、「ソラレン」という物質が含まれており、

体内に取り込まれると、皮膚が紫外線に対して敏感に反応しやすくなります。

 
 

つまり、オレンジジュースを大量に飲みすぎてソラレンを過剰摂取してしまうと、紫外線から皮膚を守る働きをしてくれる

「メラニン」の生成を促進してしまいます。

その結果、シミが出来やすい状態になるだけでなく、皮膚がんが出来る可能性も高くなってしまうのです。

そしてビタミンCやクエン酸も、摂りすぎは腸に負担がかかり、下痢や腹痛の原因にもなります。

 
 

ただ、もちろんそれは1日に何杯も飲んだり、短期間に一気に飲みすぎた場合の話であって、

1日コップ1~2杯ぐらいなら何の問題もありません

 

とはいえ長時間紫外線を浴びることが多い方は、

念のためオレンジジュースの飲みすぎは控えたほうが無難かもしれませんね。

 

さらに、市販の100%ジュースは濃縮還元されている場合がほとんどで、

栄養が食物繊維が破壊されていたり、残留農薬が残っていたり、糖分も多かったりするので、

実際は謳われているほどの栄養効果や健康効果は見込めないという可能性もあります。

 
 

というわけで、安易な結論ですが、

 

オレンジジュースを飲むなら、ストレートの本当に100%のものを選んで買うか、自分でオレンジを絞って、

1日1~2杯程度にするのが、

一番安心して頂けて健康的ということになるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク


健康, 知識

Posted by mg