【※】もし「熱中症」になってしまったら直後にしないと命に関わること

いま日本列島は例年異例の猛暑が続いており、とくに7月に入ってから熱中症患者が急増していますが、

この暑さは来週にかけても続き、東~西日本を中心とした各地で連日35℃を超える予想となっているそうです。

 

全国的な猛暑がまだまだ続くということで、「熱中症」はもはや誰にとっても他人事ではありません!

自分だけでなく、家族や周りにいる人たちも、暑ければいつでも起こる危険があると思って日頃から注意をし、積極的に声を掛けてあげて下さい。

 

スポンサーリンク


 

まず、当然の事ですが、

熱中症を疑う症状があり、

患者の意識がはっきりしていない場合(意識がない、または呼びかけに対する返事がおかしい場合)は、

すぐに救急車を要請しましょう!

 

また、その場合、救急車が到着するまでの間に現場での応急処置も必要となります。

とにかく速やかに涼しい場所へ移動させてあげることが大切ですので、

まずはクーラーが効いた室内や車内に移動しましょう。

屋外で、近くにそのような場所がない場合には、風通りのよい日かげに移動し安静にしましょう。

 

次に、衣服をゆるめ、楽な姿勢にして、体の熱を放出しましょう。

氷枕や保冷剤で両側の首筋やわき、足の付け根などを冷やすと効果的です。

 

本人が楽な体位にしてあげるのが良いですが、顔面が蒼白で脈が弱い場合などは、足を高くした体位にします。

特に男性はネクタイをしめていたり、ベルトをとめていたりするので、緩めてあげて汗を乾かしやすくしてあげましょう。

 

そして、可能な限り、早く冷やす必要があります。

重症者の命を救うことができるかどうかは、どれだけ早く体温を下げることができるかにかかっています!

これらの事は、救急隊を要請したとしても出来るだけ早く取り掛かりましょう。

救急隊の到着前から冷却を開始することがとても重要です。

 

冷たいものが手元にない場合でも、

幸い日本には自動販売機がありますから水のペットボトルを用意して使いましょう。ペットボトルは柔らかいので体表への接着面が大きくとれるため有効です。

 

そして可能であれば水分補給をしたほうが良いのですが、

水分補給が難しい場合は、無理に飲ませることはしないようにしましょう。

 

水分を自分で摂れる人は、水分と共に塩分を定量含んだ経口補水液などを摂ります。

他人が無理に飲ませようとすると、むせたりする可能性があるので、本人に持たせて自分で飲むようにさせて下さい。

 

とくに、おう吐の症状が出ていたり意識がない場合は、誤って水分が気道に入る危険性があるので、

焦って無理やり水分を飲ませるようなことは絶対にやめましょう!

 

スポンサーリンク


 

先ほども書きましたが、今年の夏の猛暑も異常で、今まで熱中症と縁がなかった方も、もはや他人事ではないですので、

家族や友人、職場などでも積極的に周囲に注意の声掛けをして、

熱中症防止対策や、なってしまった時の対処法などを確認しておきましょう!

健康

Posted by mg