【知識】「ナタデココ」は健康に良いの?ダイエットには向き?不向き?

ナタデココは、ココナッツに含まれている『ココナッツ水』に、砂糖と酢酸菌の一種である『ナタ菌』というものを加えて発酵することで作ることができます。

発酵が進むと、ココナッツ水の表面が固まり始めますので、固まったら普段食べているような形にカットすれば完成です。

 

そう、ナタデココは、発酵食品なのです!

 

ナタデココは、99%が水分で、残りの1%は不溶性食物繊維(水に溶けない食物繊維)で出来ている低カロリー食品です。

ナタデココのカロリーは、1個あたり2Kcalで、30gのナタデココを食べても摂取カロリーはわずか23Kcalです。

 

また、

低カロリーなだけでなく、健康に気をつける人が気になる「糖質」「脂質」もゼロなんです。

 

スポンサーリンク


 

しかもその食物繊維は、細い繊維でしっかりと絡み合い、それがあの特徴的な食感のもとになっているのです。

 

ナタデココの繊維は水に溶けない性質があるため、

お腹の中で水分をたっぷり吸収して膨らみ、満腹感が大きいだけでなく腹持ちもいいんですね。

 

これらの理由から、ナタデココは「ダイエット効果が高い」として、有名です。

たしかに、ダイエット中のおやつとか、満腹感を得るために何かに混ぜて使うなどの食べ方なら、ダイエットのお供には良いかもしれません。

 

しかし、ナタデココには低カロリーというメリットがありますが、

『ナタデココを単品で食べるのが難しい』という部分もあります。

 

基本的にナタデココは味がしないので、単品で食べることは少ないのではないでしょうか。

結局はヨーグルトやゼリーなどと一緒に食べることになるような気がしますね。

 

また、いくら腹持ちが良いとはいえ食物繊維以外は水分なので、栄養不足感も否めません!

 

ダイエット以外の健康効果としては、不溶性の食物繊維が腸内をお掃除してくれるので、

腸内環境を整え、便秘解消・大腸がんの予防などに役立ってくれます。

 

さらに、その食物繊維は微生物セルロースという特徴的な繊維で、

 

・糖の吸収をゆるやかにする

・悪玉コレステロールの吸収を妨げる

・発がん性物質を吸着して、そのまま一緒に排出される

 

などといった特徴があり、

 

ナタデココは、ダイエット効果だけでなく健康への効果も期待できるということで、

「特定保健用食品」に指定されてる商品もあるみたいです。

 

スポンサーリンク


 

※健康に良いとはいえ、ナタデココを食べすぎると水分や食物繊維の影響で他のものが食べにくくなります。

そのため、栄養が偏り不健康になってしまう恐れがあるので気をつけてください。