若い人や子供の『味覚障害』が急増中! あなたは大丈夫ですか?

「味覚障害」とは、

味覚の感度が落ちたり、なくなったりする病気のことで、

 

本来の味とは違う味を感じたり、何も口に入っていないのに変な味を感じるなど、

症状はさまざまで個人差も多いとされています。

 

また、甘味、酸味、塩味、苦味、旨味などの味覚が低下したり、

何を食べても味を全く感じなくなることもあります。

 

本来、「味覚障害」は高齢者に多い病気で、加齢とともに進行するものだとされてきましたが、

近年では、若年層でも味覚障害を患う人が急増しているというのです。

 

スポンサーリンク


 

ある実験によると、

「塩味」「甘味」「酸味」「苦味」の4つの味のうち、

いずれかの味覚を正しく認識できない子どもが全体の約30%、

そして21%が「酸味」を認識できなかったそうです。

 

先ほど、「若年層」と書きましたが、

若者だけでなく、

最近では、味覚を正しく認識できない「子供」たちが増えているのです。

 
 

このような味覚障害を引き起こす要因はいくつかありますが、

主に、

・食生活の乱れや亜鉛不足、

・ドライマウス(口の中の渇き)、

・精神的なストレス

などが原因となることが多いようです。

 

亜鉛が体内に吸収されるのを妨げる食品添加物は、ファストフードやコンビニ弁当、加工食品に多く使われていますし、

ファストフードやお菓子などお口に入れてはっきりとわかるような濃い味のものを食べつづけると、

味覚は刺激に慣れやすいため、機能がどんどん鈍っていきます。

 

そして、現代はストレス社会と言われるぐらいですが、

心因性による味覚障害が、かなり増えているそうです。

この心因性の味覚障害は、男性よりも女性がかかりやすいとされています。

 

そして、味覚の感度が低下すると、無意識のうちに濃い味付けのものを好むようになりますが、

味覚障害は若者であれ、高齢者であれ、自分で気が付いているケースは少なく、

家族からの指摘でわかることが多いのだそうです。

 

スポンサーリンク


 

身に覚えのある食生活の悪習慣などは、積極的に改善していきましょう。

また、味を感じづらくなったりなど、何らかの異変を感じたりしたら、

悪化しないうちに、早めに医師、歯科医師に相談することをお勧めします。

健康

Posted by mg