※「眉毛」は抜いてはいけない! は本当?!

眉毛を毛抜きで抜くと、まぶたや目の周りの筋肉が引っ張られるため、

将来的にまぶたがたるんでしまって、皮膚がたれてしまうリスクがあるという噂をよく耳にします。

 
 

とはいえ眉の形を整えたり不要な毛を除去する際に、

一般的にはカミソリで剃るだけでなく、毛抜きを使用して抜く人が多いと思われますが、

 

本当に、

眉毛を抜くと「瞼のたるみ」の原因になってしまうのでしょうか?

 

スポンサーリンク


 

結論から言うと、

 
皮膚について科学的に研究する人々からすると、

多少は影響があったとしても、

 
どうやらこの

「眉毛を抜くと皮膚がたるむ」

 
 

というのは真っ赤な嘘!

 
 

とは言わぬまでも、
 

大げさな都市伝説の可能性が大のようです。

 
 
 

まぶたがたれる、つまり、皮膚がたれる原因としては、
 

まばたきや皮膚の老化、物理的刺激など多くありますが、

 
 

とくに眉毛を抜くという行為が、飛び抜けて大きな原因になるとは言えないとのこと。

 

スポンサーリンク


 

ただし、

眉毛は毛が太く、抜いた部分の毛穴に雑菌が入りやすいので、

毛嚢炎になる可能性が他の部位より高い、というリスクはあるようです。

 
 

そして、

いくら眉毛抜きが直接的に悪影響ではないと言っても、
 

あまりに頻繁に、強く皮膚をひっぱるというのは、

さすがにまぶたがたれる原因になりますので、おすすめはできません。

 
 

一番影響が少ないのは、眉毛の伸びた部分のみをハサミでカットする方法ですが、

 

この方法だと黒いプツプツが残ってしまうのがイヤ!という方もいると思います。

 

 

眉毛を抜く際には、

 

・毛抜きや手は徹底的に清潔にしておく。

 

・眉毛を抜く際は器具を持っていない方の手で毛穴に負担のかからないよう周りの皮膚を押さえる等して、

なるべく毛穴に負担がかからないようにする。

 
・まぶたの皮膚をひっぱり出さずに、確実に毛先をキャッチして、毛の流れと同じ方向に抜くようにする。

 

など、

ちょっとした気遣いで眉毛抜きのリスクを減らすことができます。

 
 

そして、

メイクしたままで眉毛を抜くと器具や手の衛生に気を配っていても、

メイクの成分や粉、雑菌などが毛穴に入ってしまう可能性が高いので、

 

眉を抜く時はすっぴんの状態で抜くのが鉄則です。

 
 

ぜひ意識して実践しましょう!

 

スポンサーリンク


美容

Posted by mg