おすすめDAW「Logic Pro X」の特徴と魅力

Logic Pro Xは、Apple社が提供するMac専用音楽制作ソフトウェア。

プロも使うほどの高い機能性と、豊富なサウンドライブラリーやエフェクトが特徴。


宇多田ヒカルやレディー・ガガ、アデル、マルーン5など、世界中の著名アーティストも制作に愛用しています。

 

スポンサーリンク


 

「Logic Pro X」の特徴と魅力

プロ仕様の楽曲制作

Logic Proでは、その豊富な機能によりプロ仕様の楽曲制作が行えます。

• 豊富なエディタやツールを使って、MIDIデータやオーディオを録音、編集

• 音を外したボーカルの修正や、録音したオーディオのメロディーの変更ができるFlex Pitch

• 録音のタイミングとテンポを簡単にコントロールできるFlex Time

• Drum Kit Designerで独自のアコースティック・ドラム・キットを作成。

• 包括的なミックスおよびプラグインのパラメータオートメーションをリージョンやトラックに含めることが可能

• 内蔵のスコアエディアで、シンプルなリードシートやオーケストラ楽譜を作成

  
 

価格が安い

「Logic Pro X」他のDAWソフトより圧倒的に安く、コストパフォーマンスに優れています。

有名かつ主流なDAWである「Cubase Pro」や「Pro Tools」、「Digital Performer」の価格(参考価格)は、それぞれおよそ、61,560円、70,200円、70,200円であるのに対し、
「Logic Pro X」は23,800円となっています。

そしてただ安いだけでなく、次にご紹介するような充実した内容により圧倒的なコスパを誇っています。

 
豊富な付属プラグイン

Logic Proには大容量のエフェクト、ソフト音源、ループ素材などが付属されています。

【プラグイン】

<キーボード、シンセサイザー>

• インスピレーションを与える、アナログ、波形テーブル、FM、加算、グラニュラ、スペクトル、モデリング合成による各種シンセサイザー

• 高機能なサンプルベースシンセサイザーAlchemyで簡単に新しいサウンドを発見、独自のサウンドを作成

• EXS24サンプラーで多種におよぶリッチなサンプル音源を演奏、作成

• 単純なコードをリッチな演奏に変えるArpeggiator

• 9つのMIDIプラグインを使い、シンプルなアイデアを凝った演奏に変換

• クラシックオルガン、キーボード、およびビンテージシンセを忠実に再現

<ギター、ベース>

• Amp Designerでビンテージとモダンなアンプ、キャビネット、マイクを使い、独自のギターまたはベースセットを作成

• ディレイ、ディストーション、モジュレーションのストンプボックスコレクションから独自のペダルボードをデザイン

• 1クリックでチューナーにアクセスしてすばやくチューニング

<エフェクト>

• Space Designerコンボリューションリバーブを使いリアルな音響空間でサウンドを演奏

• マルチタップ、ビンテージテープ、ステレオなどの各種ディレイ

• トラックに動きを付ける各種モジュレーションエフェクト

 
 
【サウンドライブラリ】

• 2,800以上の音源およびエフェクトパッチ

• 1,000の作り込まれたサンプル音源

• 幅広いジャンルの7,000以上のApple Loops

それぞれのクオリティも高く、他にプラグインを買い足さなくても付属のものだけで本格的な楽曲を制作することも可能です。

中でも、EDMやHip Hopなどのエレクトロニックミュージックなどに向いた「Alchemy」というソフトウェアシンセサイザーは、
パワフルなサウンドと、3,000以上のサウンドを収めた膨大なライブラリ、探しているものにすばやく的を絞り込めるブラウザが特徴です。

「Pedalboard」は、オリジナルモデルのトーンと反応を再現するよう、徹底的に作り込まれた35種類以上のエフェクターを収録、

「Amp Designer」では、25種類のアンプヘッド、5つのEQ、10種類のリバーブ、25種類のスピーカーキャビネット、スピーカーコーンの周りに自由に配置できる7種類のマイクから自由に組み合わせてサウンドを作ることができます。

また、プロジェクトに仮想ドラマーを追加できる「Drummer」という機能では、曲に合わせて自動的にドラムが演奏されます。


様々なジャンルや、固有のドラムキットと演奏スタイルを持った様々なドラマーの中から選択することができ、演奏スタイルの調整や、ドラムキットの交換なども行えます。


さらに、2018年3月2日にアップデートされた最新版の「Logic Pro X 10.4.1」では、
人間がソロで演奏したり、弦楽器や金管楽器とアンサンブルでプレイする時のような繊細なタッチを表現できるリアルなプラグイン音源「Studio Strings」「Studio Brass」が新たに追加されました。

この他にも、パワフルなコンプレッサー「Compressor」や、豊かなアコースティック空間を作り出すためのカラフルでインタラクティブなインターフェイスを備えた、洗練された新しいアルゴリズミックリバーブ「ChromaVerb」など、とても高品質で充実したプラグインが揃っています。
 
 
 

シンプルかつスタイリッシュなデザイン

他のApple製品同様、シンプルでおしゃれ、そしてスタイリッシュなデザインとなっています。

また、Logic Pro X ではすべての編集をメインウィンドウで行います。度々複数のウィンドウを開いて操作する必要がないので作業効率もアップ。

さらに、ショートカットキーも豊富で操作性にとても優れています。

 
 

Logic Remoteとの連携

「Logic Pro X」は、iOS専用アプリ、「Logic Remote」に対応しています。

MacにワイヤレスでiPad Pro、iPad、iPhoneなどを接続し、離れた場所からLogic内のミキサーをコントロールできます。
また、Smart Controlパネルのパラメータを操作したり、ソフトウェア音源を使用した打ち込み、演奏も可能です。

Logic Pro X

<最小システム条件>

・4GBのRAM
・解像度1,280×768以上のディスプレイ

・OS X v10.12以降
・64ビットのAudio Unitsプラグインが必要

・最小限のインストールには6GBの空きディスク領域が必要。サウンドライブラリ全体のインストールには63GBのハードディスク領域が必要

購入はこちら↓

https://itunes.apple.com/jp/app/logic-pro-x/id634148309?mt=12

DTM, 音楽

Posted by mg