【命の危険!!】薬と一緒に飲んではいけない飲み物!

ほとんどの場合、薬の処方箋などを見ると、

 

「○錠を水かぬるま湯で服用する」と書かれていますが、

あまり気にせずにお茶やジュースなど手近にあるもので飲んでしまったりしていませんか?

 

また、薬を食後に服用する場合に、コップに残っている飲料で飲んでしまったりしてしまいがちですが、

実は、薬と飲み物にも、飲み合わせが悪いもの(相互作用)がたくさんあります!

 

水以外の飲み物と一緒に飲むことによって効果が薄れてしまうものもあれば、

薬の作用効果が著しく低下したり、完全に効果が無くなってしまうこともあるのです!

 
 

今回は、身近な飲み物の中でも、

とくに薬と相性の悪い飲み物を紹介していきます!

 

スポンサーリンク


 
 

・炭酸飲料水

炭酸飲料水は薬の吸収を弱めるといわれており、

とくに「胃薬」などの制酸剤(胃酸をコントロールする薬)を炭酸飲料で飲むと、

胃薬が炭酸飲料の酸を中和してしまい、体の中で作用しなくなってしまいます。

 

また、炭酸は「鎮痛剤」などの痛みを抑える薬とは相性が悪く、

一緒に飲むと薬に含まれる成分の吸収が早くなるため、薬の効力が弱くなります。

 
 

・スポーツドリンク

スポーツドリンクは糖分が高く、水より吸収が良いように成分のバランスを取るために、

さまざまな成分が配合されている事が多いです。

 

そのため、吸収されるまでの時間が変わってしまうので、思ったような効果が得られない場合があるようです。

 
 

・グレープフルーツジュース

グレープフルーツジュースは、ある種の薬を代謝する酵素を阻害するので、

薬が代謝されず効きすぎてしまうことが報告されています。

薬によってはグレープフルーツジュースの影響が1日以上続くこともあり、コップ一杯程度でも影響がある場合もあるのだとか。

 

なかでも「降圧薬」をグレープフルーツジュースと一緒に飲むと、

ジュースに含まれる成分が薬の分解を妨げ、必要以上に血圧が下がる恐れがあるようです。

 

スポンサーリンク


 

・お酒、アルコール

薬をお酒と一緒に飲むと、肝臓はアルコールのほうを代謝してしまうので、

肝臓で代謝されるはずの薬のほうが後回しになり、そのまま高い濃度で体内に巡ってしまいます。

 

とくに、

「睡眠薬」や「抗うつ薬」、「抗てんかん薬」、「かぜ薬」、「花粉症治療薬」などは、

アルコールにより薬の作用が増強して非常に危険です!

 

アルコールは、多くの薬と相互作用を起こしやすい飲み物ですので、絶対に一緒に服用しないようにしてください!

 
 

・牛乳

牛乳も、鉄・カルシウム等が、”抗生物質”等の吸収を抑えてしまうため、薬と一緒に飲むのは避けた方がよいです。

 

「下剤」と一緒に服用した場合には、胃の中のpHを上昇させアルカリ度を高めてしまうため、

腸で溶けるべき下剤が胃で溶け、吐き気などの副作用を起こしてしまうこともあります。

 
 

・コーヒー、カフェイン

カフェインは、尿酸と似ているため、尿酸の排泄を促す薬と一緒に摂取すると、

カフェインの排泄が促されて効果がなくなってしまいます。

 

胃に負担をかけるタイプの薬(一部の痛み止めなど)は、カフェインとの相乗効果で、胃を荒らす可能性が高くなってしまい、

また、カフェインには興奮作用があるので、「睡眠剤」などの場合は効果を打ち消しあったりもするようです。

 

スポンサーリンク


 

そのほか、

「水なし」で薬をそのまま飲む人もいるかと思いますが、

薬がのど(食道)に引っかかったまま溶け出し、食道の炎症を起こして潰瘍になることもあるらしいです!

処方箋に「水と一緒に飲むように」と書かれているのには、

「薬を水で溶かして吸収を促す」という意味があるからです。

水がなければ溶けにくいですし、吸収が遅れ効果も現れにくくなってしまいます。

 

薬をしっかりと胃まで到達させ、ちゃんと効果を発揮するためにも、

必ず薬はコップ1杯程度の水で飲むようにしましょう!

健康, 知識

Posted by mg