知ってた?「 頭の中で同じ曲が流れ続ける!」原因と対処法

 

ふとした瞬間から頭の中で同じ曲がループし続ける、
 

どうやってもその曲が耳にこびりついて離れない、頭から追い出すことができない、

という経験を誰もがしたことがあると思います。

 
 
このような現象は日本だけでなく海外でも広く知られている現象で、

神経科学や心理学の分野では『イヤーワーム』と呼ばれています。

 
 

米シンシナティ大学のJames J Kellaris博士が行った調査によれば、

ほぼすべての人(全体の約98%)が、少なくとも一度は曲が頭にこびりついて離れない、

という経験をしているそうです。

 
 

頭の中で曲がリピートするという現象は、自然現象であり、それを研究することは難しいと言われています。

 
ゆえに、脳内で起きるこの現象の正確なメカニズムは、

実は未だに解明されていません。

 
(中には、知識を歌を通して伝えていくという人類古来からの行動の表れではという説もあります。)

 
 

ただ、聞けば聞くほど、脳内リピートされる可能性は高くなります。

 
時には周辺環境が脳内リピート曲を引き起こす原因となることもあります。

その曲を聞いた時に起きていた状況と同じ状況に陥った時に、その曲のサビが再び浮かんでくるわけです。

 
 

また、イヤーワーム現象のきっかけは、ある曲を聞いた体験だけでなく、

記憶や気分、ストレス、さらには退屈なども原因になるともされています。

 

スポンサーリンク

 

イヤーワームの解決法

さて、気になる解決法ですが、

よく挙げられる方法として、

 

・ほかの曲を聞く。

・面白い小説を読むなど、別の夢中になれることに集中する。

 

などがあります!

脳内で流れている音楽から注意を反らす作戦ですね、

 

う~ん、わかる気もするけど、なんとなく根本的な解決になってないような・・・

などと思っていましたが、

 

もっと簡単でわかりやすい方法が紹介されていました!

 
 

それは、

英レディング大学が発表した、「ガムをかむ」という方法です!

 
 

そんな簡単なことで本当に脳内でループする音楽を止められるのかと思いましたが、

これがやってみると驚くほど効果があります!

 

では、いったいなぜガムをかむだけで、脳内再生されている音楽を止めることができるのでしょうか?

 
 

英レディング大学のフィル・ビーマン博士によると、

 

「ガムをかむという行為は、意味のない無声スピーチに極めて近い行為です。無声スピーチは、何かを黙読する時のように、言葉を音に出さずに頭の中でイメージすることです。

この無声スピーチ行為が、頭の中に鳴り響く音のイメージであるメロディーを分解する作用があるのです。」

 
とのこと。

 
 

つまり、ガムをかむことによって、頭の中で、言葉のイメージが音のイメージと無言の闘いを繰り広げ、

音のイメージを追い払ってくれるということらしいです。

 

スポンサーリンク

 

ちなみに、

「科学的に絶対的に正しいイヤーワームの撃退法」というものは存在しないみたいです。

知識

Posted by mg