「ヒアルロン酸注射」って本当に大丈夫なの? 安全性・副作用など

ヒアルロン酸注射は基本的に安全です。

人体にとって悪影響を与えるものではありませんし、吸収されてなくなっていきます。

また、ヒアルロン酸溶解注射と言うもので溶かすこともできますので、

どうしても結果が嫌な場合には元に戻すことこともできます。

 
 

ヒアルロン酸注射は、プチ整形として広く知られていますが、

若返りや輪郭修正などに効果があり、わずかな時間でコンプレックスが解消される、とても満足度の高い治療と言えるでしょう。

しかも、副作用も少なく手軽に短時間で行えるので、とても人気です。

 

とはいえ、

失敗談を聞いたり、合併症などの画像を見ると、危険なものではないかと怖くなってしまいますよね。

 

 

ヒアルロン酸注射(ヒアルロン酸注入)は比較的安全なものとして扱われており、

失敗や重篤な副作用が出ることは非常にまれです。

 

しかし、いくら安全であると言われるヒアルロン酸であっても、

人に施す医療である以上は、必ずリスクを伴う可能性があります。

 

ごくまれとはいえ、副作用が起こることもありますので、

きちんとした情報を知ったうえで、適切な処置をした方が良いと思われます。

 
 

ヒアルロン酸注射ではいくつかの副作用(合併症)があります。

多少の内出血や腫れの可能性はもちろんですが、

皮膚の浅い所に不均一にヒアルロン酸を注入した場合や、

目の周りなどの皮膚の薄い場所に多くのヒアルロン酸を注入した場合には、

見た目に凹凸が出る場合があります。

この凹凸がどうしても消えない場合には、溶解注射で溶かすことになります。

 

 

また、

ヒアルロン酸は吸収されてなくなってしまうと言いましたが、

解けずに残ってしまい、しこりになる場合があります。

 

これはヒアルロン酸を一か所に固めて入れてしまうことにより生じますが、

基本的には無害です。

 

しかし、ごく稀にばい菌がしこりについて感染を起こして腫れる場合があります。

その場合も溶かさなくてはなりません。

 
 

ほかにも、ヒアルロン酸注入を受けて時間が経ったときに、

以前よりもヒアルロン酸を注入した部分が微妙に膨らんで見えることがあります。

やはり気になる場合はヒアルロン酸分解注射で分解することになります。

 

 

また、極まれにですが、アレルギー反応を起こすこともあるようです。

ヒアルロン酸は生体との相性は非常に良いですが、

それでもやはり人工的に造っているものであるためアレルギー反応が出る可能性がゼロではありません。

もともとアレルギー体質の方や麻酔にアレルギーの方は事前に担当医に申し出るようにしてください。

 
 

そして、こちらも可能性としては少ないですが、

なかには、重大な副作用(合併症)により、血行障害や激しい痛み、

さらには皮膚の色が変化したり、水泡ができるなどといったケースや、

多くはありませんが国内および海外で失明の報告もあるそうです。

 

何かあったらすぐに担当のクリニックに連絡を取るようにしてください。

美容整形, 美容

Posted by mg