ラベンダーを使って簡単に!手作りハーブ化粧水の作り方!

ハーブは健康や美容に効果がありますが、お茶にして飲めば体の内側から、そして肌につければ体の外側から、元気に、そして綺麗にしてくれる素晴らしい植物です。

その中でもラベンダーは、お茶にして飲むとリラックス効果や鎮静作用があり、不安やストレスの解消に効果があります。

化粧水にして肌につけると肌質問わず生き生きし、新陳代謝を促進する効果や皮膚の消炎作用があり、日焼けやニキビにも良いそうです。

また、髪につければリンスになり、ポプリにすれば衣服の防虫にもなり、とても万能です。

効果はもちろん、香りもよく色も綺麗なので、化粧水にぴったりです。

ハーブ化粧水の作り方はとても簡単で、さらに材料も少なく費用も安いので経済的。お肌の健康や美容にも良くてその上節約にもなるので大助かりです。

スポンサーリンク


 

手作りハーブ化粧水 作り方

[用意するもの]

・ドライラベンダー : 大さじ1
・精製水 : 100ml (ドラッグストアに売ってある500mlで100円くらいの)
・グリセリン : 小さじ1(5ml)(ドラッグストアに売ってある500mlで1000円くらいの)
・お茶パック
・作った化粧水を入れるボトルなど

 
ラベンダーはこちらのショップで購入するとたくさん入っていて安いのでお得です。

 
 
[作り方]

1. ラベンダー大さじ1をお茶パックに入れて準備しておきます。

2. 精製水を沸かし、沸騰したら火を止め、1のお茶パックを入れて蓋をし、30分ほど蒸らします。

3. 2からお茶パックを取り出します。お茶パックにも水分が染み込んでいるので手でぎゅっと絞り出します。

4. 冷めたらグリセリン小さじ1を入れ、よく混ぜます。化粧水ボトルに入れ、冷蔵庫で保管します。保存料などを使用していないので、必ず作ってから一週間以内に使い切るようにします。

今回ご紹介したのはラベンダーですが、ローズマリーやマリーゴールドで作るのもおすすめです。

・ローズマリーの場合はラベンダーと同じく大さじ1、
・マリーゴールドの場合は人差し指と中指と親指で一掴みくらい

の分量で作ります。

 
ローズマリーはハリのある若々しい肌に、マリーゴールドは肌をしっとり滑らかにし、日焼けなどの炎症を沈める効果もあります。

 
お茶に化粧水に石鹸に、いろんな方法でハーブを楽しんでみてください。

スポンサーリンク