【出血】歯磨きしてたら歯ぐきから血が出るのは何故!?

 
 
歯磨きをしていたら歯ぐきから軽く出血をしていたことってありませんか?

放っておいても一旦止まったりすることが多いので、気になりつつもそのままにしている方も少なくないのではないでしょうか?

 
 

まず、歯磨き中の出血の多くが「歯周病」が原因によるものです。

 
歯周病とは、歯茎の際にある歯垢が原因で炎症を起こしている状態で、

炎症している部分に歯ブラシが当たることで出血をしてしまうのです。

 
炎症が起こると血液がたまり、出血しやすくなるんですね!
 

出血をしているからと歯磨きを控えめにしてしまいがちですが、そうすると歯ぐきのはれはどんどん悪化していき、

炎症がさらにひどくなってしまうらしいです。

 

スポンサーリンク


 

歯肉炎の段階では、歯磨きを続けることで炎症は落ち着き、出血も止まるとのこと。

(歯石がつきはじめたり、骨の破壊が始まる歯周炎の段階になってしまったら、歯科医で歯石を取ってもらわないといけません。)

 
 

初めは柔らかい歯ブラシを使い、定期的に歯ぐきを刺激してください。

そうすると、歯ぐきの新陳代謝や血行が促進され、新しく強い歯肉(しにく。歯を支える歯周組織の粘膜)が増殖されて、元気な歯ぐきに生まれ変わります。

 

ただし、健康な歯ぐきに対して、わざと硬い歯ブラシで刺激して出血させるようなことはしないようにしてください。歯ぐきに傷をつくるだけです。

 
 

また、疲れがたまった状態寝不足、ストレス過多、風邪などのときは出血しやすくなります。

 
体調が優れない時は免疫力が下がりやすく、細菌に抵抗できなくなるからです。

歯周病菌に抵抗できなくなることによって、歯茎が炎症を起こして出血しやすくなるのです。

 
この場合は、体調が戻れば自然と出血もおさまることがほとんどです。

 
 

ほかに考えられる原因としては、
 

虫歯が進行して歯茎の中まで浸食していると出血するケースや、

 
治療した箇所の詰め物や被せ物がきちんと適合していなくて出血するパターンが考えられます。
 
 

これは詰め物や被せ物が歯茎を圧迫することで、歯茎を傷めてしまうのです。
 

この場合はいつも同じ箇所から出血し、慢性の炎症があると考えられます。

 
 

歯磨きでは治らないので、歯科医で治療箇所をもう一度チェックしてもらいましょう。

そして、虫歯による出血の疑いがあれば、早急に虫歯治療を受けましょう。

 

スポンサーリンク


 

歯茎は口の中の状態や体調の良し悪しが表れやすいデリケートな場所です。

歯周病になったり、出血していても、痛みなどがないと、あまり気にせず放置してしまいがちですが、

しっかりと原因を解明して、少しずつ改善していきましょう。
 

また、特定の部位からの出血が慢性的に続くようであれば、早めに歯科を受診するようにしましょう。

健康

Posted by mg