朝のジョギングは危険!?起きてすぐの運動は体に悪い!?

健康や美容のことを考えて、ジョギングや筋トレ・水泳などをしている方って非常に多いですよね。

 
中でも、「朝の運動は気持ちがいいから」また「仕事をしていて忙しいから」などの理由から起床後、朝の時間を使って運動している方も多いと思います。

 
しかし!実は「寝起きすぐの運動」は体に良くないんです!

 

起きてすぐの運動は体に悪い!?

「朝の運動は体に良い」
「朝の運動はダイエットに効果的」

と聞いて、朝一のジョギングを始めた人、またすでに習慣にして続けている人にとっては、「嘘!?そうなの!?」と多少ショッキングな情報かもしれません。

 
ただし、ここでポイントなのは

「朝の運動」が体に悪いのではなく、

「起きてすぐ」運動するのが良くない、ということです。

 
ますは、起きてすぐ運動するのが良くない理由をご説明します。

スポンサーリンク


 
 

体に負担がかかる

寝起きは体が目覚めておらず準備不足の状態なので、そのまま激しい運動を行うと体にとても負担がかかります。

特に負担がかかりやすいのが心臓で、いきなりジョギングなどで心拍数を上げると突然過度の負担がかかり、危険にさらされる可能性もあります。

 
また、寝ている間は血管が収縮しているため、起きてすぐに走ると心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まる恐れがあります。

 
心臓に病気を抱えている場合や、低血圧・高血圧・循環器系に不安がある場合、また中高年の方は、寝起きの激しい運動は控えるようにしましょう。

 
 

めまいなどの不調を引き起こす

走るという行為にはエネルギーを使うため、空腹時の低血糖状態では危険です。

特に寝起きは、夕飯以降およそ8時間以上は食事をしていないため、血液中の血糖値やエネルギーが非常に不足している状態です。

そんな中でランニングなどの激しい運動などを行うと、 めまいや様々な不調を引き起こす原因になったり、倒れてしまう場合もあります。

 
また、体の準備ができていない状態で激しく動きエネルギーを消費することでかえって疲労が溜まったり、日中に眠くなってしまうということもあります。

 
 
 

怪我をしやすい

夜眠っている時は体温が下がるため、寝起きは筋肉が固まっている状態です。

そのような状態でいきなり運動を行うと、固まっている筋肉を無理に動かすこととなり、筋肉を傷める原因になります。

また思うように体が動かないことから、思わぬ怪我をしてしまう場合もあります。

 
 
 

それでも朝に運動をしたい場合は・・・

朝一番にジョギングや筋トレをして汗を流すのは気分が良く、健康的なイメージもありますが、
実は逆効果で体には負担がかかっていることもあるんですね。

 
とはいえ、朝しか運動する時間が取れない、という方もいるかと思います。

そういった場合は、以下の点に気をつけて運動を行うようにしましょう。

 
 
 

朝食を摂って2時間以上空けてから運動をする

「朝は脂肪を燃焼しやすい時間帯」さらに「ダイエットのためには朝食をとる前にジョギングした方が良い」と言われていますが、

体への負担を考えると、朝食を取り、さらに2時間以上空けてから運動をするのが良いでしょう。

特にハードな運動を行う場合は、数時間空けてから行うようにしてください。

 
 
 

軽いウォーキングやストレッチにとどめておく

朝にジョギングや運動をしている人の中には「2時間以上も時間を空けられない」という方も多いと思います。

そういった場合は、ジョギングや筋トレほど体に負担がかからない「軽いウォーキングやストレッチ」がオススメです。

それでも寝起きすぐに行うのは体によくありませんので、起床後最低30分は空けるようにしてください。

軽いウォーキングやストレッチだけでも、身体を動かしていくことによって徐々に脳も活動的になっていきます。

 
 
 

水分補給をしてから運動する

睡眠中は水分補給をしていないので、寝起きは思っている以上に体が乾き、水分不足になっています。

起きてまず1杯、運動する前にも1杯水を飲むといいでしょう。運動後の水分補給も忘れずに!

スポンサーリンク


健康

Posted by mg